【一日一食生活日記】1ヶ月経過レポート

一日一食生活を始めて一ヶ月が経過しました。

カープの試合が関東で連日あったり、名古屋ドームまで遠征に出かけたりしたので、一日一食じゃなかった日もあります。やはり遊びの時間が増えると食べる機会も増えてしまいますね。しかしあまり気にせず、仲間と過ごす時間にはその時の流れに逆らわず食べたいものを食べるようにしていました。

それでもやはり基本的に食べ過ぎることがなくなってきたように思います。そもそも食べられる量が減ったので、ストレスは全く感じていません。それどころか…

すこぶる快調です!!!

本当に自分でも驚くほど快調なのです。体調はもちろんのこと、精神的にも。

食べ過ぎは万病の元

周囲に一日一食生活のことを話すと、「どんだけストイックなの!」とか「無理無理無理無理!自分には無理!」とか言われますが、全然辛くないからみんなも始めたらいいのになぁといつも思います。

ただそれも、私の生活スタイルには丁度良かったというだけのことなのだと思います。だから人それぞれ、自分の生活スタイルに合う形で取り入れるのが良いかと思います。

一日一食じゃない日があったって良いと思う。一日一食じゃない日だらけでも良いと思う。重要なポイントは食べ過ぎないことだと思います。

しかも、日本に於ける栄養学?の情報は実は健康に良くないという意見もあります。一日に必要とされるカロリーの数値が多過ぎるという意見ですね。だから、どれくらいが自分の体に適量なのかを自分で探る必要があるのかもなぁと今は思います。

空腹感の受け取り方

「おなかすかない?!絶対無理!」ともよく言われます。

おなかね、すきますよ。笑

でもその空腹感が身体をデトックスしてくれいる気がすると、空腹感が嫌じゃ無くなるんですよね。何事も気の持ちようなんだなぁと思いました。

ダイエットを目指さない

これも人それぞれだとは思いますが、一ヶ月継続してみて思うのは、ダイエットを目的とすると痩せすぎてしまったり、摂食障害になってしまう気がします。体調管理のために毎朝体重計に乗っていますし、痩せると嬉しいのは事実です。

それでも、痩せることを目的に、痩せることを一番の喜びに据えて一日一食生活を送ることはとても危険な気がしています。

この一ヶ月で私は6キロも体重が落ちました。

経過としては、最初の数日で3キロもストンと落ちました。でも食べすぎていないのに一週間目あたりで500グラム戻りました。身体が危険を察知したのだと思います。

そこからは毎日500グラム程度、ゆるゆると減ってきました。それでも二の腕やお腹には無駄なお肉がタプタプと残っておりますよ。(笑)

じゃぁ一体6キロもどこから落ちたの?!と思いますが、ウエスト周りやヒップ周り、太もも辺りは開始以前よりかなりスッキリしました。あとはもしかしたら内臓脂肪が落ちたとか?!なんて思っています。

どの食材を摂取するか考える

食事内容について振り返ってみますと、少量しか食べられなくなったものだから、一品一品にこだわるようになったかなぁと思います。無農薬有機野菜を買ってみたり、無添加のお味噌や梅干しを買ってみたり。

一番の変化は、肉を食べて元気を出す!と思っていた私が肉を食べると不調を感じるようになったことです。

お肉を食べると、消化するのに物凄いエネルギーを要する気がしてきました。そこでタケダトモコは一昨日の昨日と2日間、久しぶりにあえてお肉を食べてみました。一昨日は冷凍の551焼売(大好きなやつ。笑)、そして昨日はゴーヤと牛肉の炒め物。するとどうでしょう、昨日はお目覚めから胃が張るような感触が、そして昨日の食後数時間後からは再びお腹の調子が悪くなってきてしまいました。

偶然かもしれません。でもどうもお腹が困っているご様子。

実はわたくし、この一日一食生活を始めてから動物性脂肪も極力絶っておりました。チーズをほとんど食していないですし、ヨーグルトも自家製豆乳ヨーグルトに切り替えました。そこに久しぶりの肉食。胃腸がびっくりしたのかもしれません。

間食に関してはもう全く魅力を感じなくなったと言っても過言ではありません。コンビニに入る機会がほぼなくなりました。入っても買うものがありません。野球観戦前に連日立ち寄りましたが、買った物はデオドラントシートと、髪を結ぶゴムと、ペットボトルのお水でした。他は全て『身体に悪いもの』に見えて、購買欲が全く湧きませんでした。

2ヶ月目をどう過ごすか

もちろん続けてまいります。そこでこうして最初の一ヶ月を振り返ってみて思いついた今後の展望。

以前は眠れないほど酷かった足のむくみはかなり減りましたがまだ若干感じることがあります。これについてはもう少し調べて学んで何か策を練りたいなぁと思っています。

ただなんとなくですが、この状態に今後は筋肉刺激を加えていかないといけない気がしています。6キロも落ちたのにまだ残るぷよぷよなお肉。そこには本来なら筋肉がある程度ついていることが理想なのではないかと思うのです。

適度な筋肉刺激… これはまたお勉強せねばですね!

 

というわけで、6キロ減量しですこぶる健康的に思えるタケダトモコの1ヶ月報告でした。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

【ピアノを弾いて美食を極める】を人生のテーマに、年間100ステージを超える演奏活動を続けるアンサンブルピアニスト。こどもの頃から広島カープ一筋。カープへの情熱は「カープ女子」なんて言える可愛いモノとは程遠く、外野から球種を予想して見分け、時にラジオ中継を聞きながら応援するその姿はほぼオヤジ...